海外旅行であると便利な持ち物12選

1.ポケットティッシュ

旅行先によっては行く先々でティッシュが潤沢に用意されていない場合があります。特に困るのはトイレ。日本人がよく旅行で行く東南アジアなどでは特に備え付けられていない場合がたくさんありますので水に流せるタイプを持参しましょう。


2.衣類圧縮袋

長期の旅行になれば日本から持っていく荷物もかさばるもの。この衣類圧縮袋を使うと驚くほど洋服などかさばるものがスッキリしてスーツケースの中をより有効活用できるようになります。


3. ジッパー付きポリ袋

現地の紙幣を別管理したい時やビーチに行った際に水に濡れさせたり汚したくない物を私はよく入れています。


4.ウェットティッシュ

案外レストランに行った際に手が汚れても拭くものが無かったりします。せっかく美味しいものを食べても手が汚れたままでは気分も台無しです。




5.折りたためるサブバッグ

日本でも増えてきましたが現地のスーパーやコンビニで買ったものを袋に入れてくれない場面やプラスチックバッグを別料金で請求されたりよくあります。一つ用意しておくとだいぶ便利です。


6. キャリーバッグ

旅行と言えばこれというくらい有名なアイテム。空港へ行くとよくケースを引いて歩いている旅行者をよく見ますよね。荷物になるものは現地で買えばよいという方もいますが日本から持っていければ余計な不安はなくなります。


7.モバイルバッテリー

スマートフォンはもちろんデジタルカメラや音楽プレーヤーの充電など予期せぬ事態に。




8.インスタント食品

海外で小腹が空いた時にカップ麺やお米の味が日本人の口に必ず合うものばかりではありません。長期旅行や出張の時にインスタントの味噌汁やカップ麺など食べるとほっと一息つけますよね。現地調達もできるとは思いますがやっぱり値段も高くなります。



9.アイマスク

これは飛行機の機内で重宝している方も多いのではないでしょうか?隣席の人が読書灯など使っていると思いの外まぶしかったりします。



10.耳栓

主にこれも飛行機の機内やホテルの部屋が繁華街と隣り合わせでうるさかった時に使いましょう。



11.衣類収納ポーチ

下着やソックスなど小分けにしたい方におすすめ。使用済みを分けたい時に利用しています。



12.ネックピロー

飛行機やバスで長距離移動の際にこれを使うと全く疲労感が違うような気がします。やっぱり頭って重いんですね…。


さて皆さん、旅の準備はできましたか?今回挙げたアイテム以外にも欠かせないマイアイテムがあなたにもあるはず。せっかくの旅行ですから忘れものでテンションが下がらないようにチェックして出発しましょう。