モザンビーク共和国

モザンビーク共和国(モザンビークきょうわこく)、通称モザンビークは、アフリカ大陸南東部に位置する共和制を取る国家で、首都マプトである。南に南アフリカ共和国、南西にエスワティニ、西にジンバブエ、北西にザンビアマラウイ、北にタンザニアと国境を接し、モザンビーク海峡を隔てて東にマダガスカルコモロが存在する。

ポルトガルの植民地であり、1964年からモザンビーク独立戦争を戦い抜いた後の1975年に独立を達成した。しかし独立後も政情は不安定で、1977年から1992年までモザンビーク内戦が続いた。内戦終結後は好調な経済成長を続ける反面、HIV感染AIDS発症の蔓延が問題となっている。

ポルトガル語諸国共同体ポルトガル語公用語アフリカ諸国の加盟国ではあるものの、隣接国が全て英語圏の国家であるため1995年からイギリス連邦に加盟している。