ロス・グラシアレス(アルゼンチン)

ロス・グラシアレス(スペイン語:Los Glaciares)は、
アルゼンチンのサンタクルス州に存在する国立公園である。

1981年にユネスコの世界遺産に登録された。 ロス・グラシアレス国立公園は、
アンデス山脈の南端パタゴニアに位置し、氷床としては南極、
グリーンランドに次ぐ、地球上で第3位の面積を持つ南パタゴニア氷原および氷河群がある。

ロス・グラシアレス(Los Glaciares)はスペイン語の「氷河」の複数形で、
公園名は「氷河群」といった意味である。 この地域の氷河は、他の地域の氷河よりも
温暖な環境にある。しかしそれを補うほどの大量の降雪によって、
氷河が形成・維持されている。気温が上がる夏には、ビルほどの高さの
氷の塊が轟音と共に一気に湖へと崩れ落ちる様子が見られる。

長い時間圧縮されたことによって空気をほとんど含まなくなった透明な氷は、
波長の長い赤の光を吸収するため、氷を透過した光は青い。
そのためロス・グラシアレスの氷河は青く見える。ロス・グラシアレスに存在する
氷河としては、ペリト・モレノ氷河、ウプサラ氷河、スペガッツィーニ氷河などがある。