マチュ・ピチュ(ペルー)

マチュ・ピチュ(スペイン語:Machu Picchu、ケチュア語:Machu Pikchu)は、
15世紀のインカ帝国の遺跡で、アンデス山麓に属するペルーのウルバンバ谷に
沿った山の尾根(標高2,430m)にある。 当時、インカ帝国の首都はクスコで、
標高3,400mに位置する。標高2,430mのマチュ・ピチュから、
さらに約1,000メートル高い場所にその首都があった。現在のクスコはペルー有数の都市でその市街地は世界遺産(文化遺産)である(1983年に登録された)。
なお、インカ帝国は1533年にスペイン人による征服により滅亡したが、
アンデス文明は文字を持たないため、マチュ・ピチュの遺跡が何のために作られたのか、
首都クスコとの関係・役割分担など、その理由はまだ明確に分かっていない。