マウイ島(ハワイ)

マウイ島(The Island of Maui)は、アメリカ合衆国ハワイ州(ハワイ諸島)の島である。
ハワイで2番目に大きい島であるが、元々は2つの島であったものが、
現在の島南東部に位置するハレアカラ火山(英語版)の噴火により流れ出た溶岩でつながり、
現在の形となった。その地形から別名Valley Islandとも呼ばれる。

マウイ島、モロカイ島、ラナイ島、カホオラウェ島の4島で構成されるマウイ郡の中心であり、
郡全体の人口は128,094人(2000年国勢調査)、そのうち約9割の人口がマウイ島に集中、
人口はオアフ島、ハワイ島に次ぎ州内3番目に多い。
空港のあるカフルイが島の政治経済の中心で、島の北西のカアナパリ、
カパルア地区、また南西のキヘイ、ワイレア、マケナ地区に、リゾートホテル、
コンドミニアム、ゴルフ場が集中している。また、島中西部の港町ラハイナは、
かつてハワイ王朝の首都だった古都であり、19世紀には捕鯨基地として栄えた歴史も持つ。

島東岸は、ハレアカラ山の麓にあたり、厳しいカーブの道が続くが、
カフルイ空港から90kmほど南、ハナの町には、アメリカの著名人にも
隠れ家的ホテルとして知られる超高級ホテル、ホテル・ハナ・マウイがある。