タール火山(フィリピン)

タール火山(タールかざん、フィリピノ語: Bulkang Taal)は、フィリピンルソン島にある複合火山[1]。フィリピンの首都マニラ市の南方約60kmのバタンガス州に位置する。史上34回の噴火歴があり、フィリピンで2番目に活発な火山である。過去34回の噴火は全て、タール湖の中央付近に位置する火山島 (Volcano Island) に集中している。先史時代、140,000 BPから5,380 BPにかけての噴火により形成されたタール・カルデラの一部をタール湖が満たしている[2]カヴィテ州のタガイタイ・リッジからの眺めは、フィリピン随一の絵のように美しく魅力的な景色と評される[3]

過去には幾度か激しい噴火を起こしており、島内および湖周辺の人口密集地域で推定およそ6,000人の死者を出した。人口密集地に近く、噴火を繰り返していることから、将来的な自然災害を防ぐため、詳細な調査研究を行うに値する防災十年火山 (Decade Volcano) に指定されている。フィリピンの全ての火山は環太平洋火山帯の一部である。